コスパ最強!Zoomで合コンして出会いを増やそう!

体験談

リモートワークで婚活・恋活の出会い活動が捗らないみなさんに朗報です!街に出られなくてもオンライン合コンなるものがあるのです!オンライン会議サービスのZoom(無料)を活用して合コンをやってみた感想などまとめます!

広告

Zoom合コンをすることになったきっかけ

先日からZoom婚活飲み会や、同僚・友人とZoom飲み会をしていて、新たな楽しさに目覚めて、もっと色々できないかなと思っていました。

Zoomとはなんぞや?の方は以下の記事からチェックしてみてください。
>>オンライン会議ツールZOOMで婚活飲み会をしてみた
>>コロナでも出会いたい!Zoomでオンライン飲み会を盛り上げるコツ5選!

そんな時に同じく学生時代の友人男性からコロナが収まったら合コンしようとお誘いがありました。(終息したらっていつやねん!終息してから誘ってくれや!)と思いつつ、これはコロナの終息を待つ手はないと思い立ち、Zoom合コンを打診しました!

彼はITベンチャーで働いており、会議はZoomを活用していたので話は早く、合コンよりはフランクな感じでわいわい飲もうということになりました。

事前に決めたこと

オンライン合コンは全員での会話が基本になるので、進行役が重要!ということで、男性側の幹事のITベンチャーくんと私は会話を話題を回す役として、いつもより意識して気配りしようということを決めていました。

初めての試みなので時間は1時間程度として、アジェンダを簡単に決めました。
・乾杯
・自己紹介
・トークテーマ「コロナが終息したらやりたいこと」

※3名以上でのZoom通話は、無料版ですと40分が上限なので、40分たったらつなぎ直す必要があります。

初Zoom合コンは成功なるか?

始まる前に各人にZoomアプリをDLしてもらい、参加するためのURLを共有します。幹事はZOOMにログインし、新規ミーティングをタップ。「ミーティングの開始」ボタンを押すと自分が映ります。画面下の「参加者」>「招待」>「URLをコピー」でこの飲み会通話に参加できるURLを発行することができますので、これを送って参加を呼びかけましょう。

男性陣・女性陣のスタメンは以下の通りでした。

<男性陣>
①ITベンチャー/30才/アラサー渋谷OLの友人
②市役所職員/29才/黒縁メガネがよく似合う
③エンタメ系/33才/落ち着きMAX

<女性陣>
①アラサー渋谷OL
②IT企業/32才/小悪魔
③食品会社/29才/清楚系

オンライン会議に慣れていない勢はそわそわしていましたが、エア乾杯でZoom合コンスタート!(エア乾杯はカメラにお酒を近づけて乾杯を行う、オンライン飲み会の挨拶的なものです)

アラサー渋谷OLとITベンチャーくんからこの会を開くきっかけを話しつつ、自己紹介タイムです!自己紹介は普通のリアル合コンと変わりなくつつがなく進みました!

前回の記事でも記載していますが、選んだお酒やおつまみのチョイスを紹介するのも、その人らしさが出て楽しいです!

今回の合コンではあくまで出会いのきっかけのきっかけを作るくらいの意図だったので、トークテーマを用意してみました。どうしても今の時期なので「みんな在宅ワークしてるの?」とか「コロナ不安だね」といった暗い話題が多くなってしまうのを避けたくて、「コロナが終息したらやりたいこと」をテーマにちょっとでも明るい話ができればと考えました!

みんな海外旅行とか、ハシゴ酒とか、ライブハウスとか、映画館での映画鑑賞などなど…、「3つの密(換気の悪い密閉空間、多数が集まる密集場所、間近で会話する密接場面)って娯楽で必要な条件なんだよね〜〜」って話をしながら、みんなが好きなことがわかったのでなかなか良いテーマだったのでは?と思います。そんな中、一人市役所くんが「婚活!」と曇りなき眼で言っていたので、心の中で激しく同意しておきました。

3:3ということもあり1時間はあっという間で、初めてZoomをしたメンバーも「これはありだし、コスパ最強だね」「リアルな合コンとも違うけど、またやりたい」と好評だった様子。あとはLINEグループを作って個別にどうぞという流れにしましたが、しばらくは直接会えそうにもないので、また定期的にゆるくメンバーを自由に増やしたりしてやろうということになりました。

Zoom合コンのメリットとデメリット

初めてですがZoomでオンライン合コンをやってみて感じたメリットとデメリットは次の通りです。リアル合コンと比べて考えてみました。
<メリット>
・お金がかからない!自分の飲み食いする分だけ(今回は時間も短かったので700円ちょっと)
・煩わしい精算がない!(奢り奢られ論争はZoom界には存在しない・・!)
・終わってから家に帰る手間がない
・みんなの話を平等に聞ける(全員で打ち解けられる感はある)
・手っ取り早く良さそうな人に目星をつけられる

<デメリット>
・その場で次の発展まで持ち込めない(その場で誰かを狙いうちはできない)
・個別で話せないので3:3が限界?増えても良いが1人1人の濃度が薄まる
・その後の連絡を根気強く続けるなど、その後の努力は必要

メリットもあり、デメリットもありですが、どうせ街にも出れないし、飲み会もできないのであればいかにこの在宅期間を楽しむかを考えていきたいですし、試みとしては面白かったと思います。

恋愛だけを目的にしなくても趣味友達の会や、自分を介して友達を紹介する会など、いろんな形があるかなと思います。わざわざ合コンも街に出かけるのが面倒だったりするので、サクッと家飲みの延長でできるのであればそれはそれでありかもしれません。

この他にも感じたことがあったので、また別の記事にでもまとめたいと思います!皆さんもまずは仲のいい友達同士から初めてみてはいかがでしょうか!楽しいですよ!Zoom飲み会!