いいねがもらえない!?with登録してみたアラサーOLの体験談

withでいいねがもらえないときの対処方法 アプリ使用法
withでいいねがもらえないときの対処方法

前回記事でマッチングアプリwith(ウィズ)の基本情報について紹介しました。

>>メンタリストDaiGoが監修!マッチングアプリ「with」の評判・口コミは?どんなユーザーがいるの?【女性目線で解説】

独身アラサーOLの筆者が、実際に登録してみた体験談を紹介します。

広告

登録に際してのアシスト機能が他のマッチングアプリに比べて充実!

まず登録に際してはfacebookと連携したログインを行う必要があります。(facebookでログインしても、facebookの友達に知られることはないのでご安心を!)

その後はプロフィールを登録していきます。まずはメイン写真から!

情報を入れていくにあたって、都度DaiGo氏のアドバイスがあり、それが統計を元にしているため、納得感があります。メイン写真に関しては「約80%の方が、お相手のプロフィールで重要視する項目としてメイン写真をあげている」そう。

マッチングアプリのプロフィールで一番最初に配置され、かつ一番大きく表示される写真は何より重要といっても過言ではないですよね。

写真をfacebookからか、自身のスマホのライブラリからか、その場で撮影するかを選びます。写真を選ぶと、なんと「adobe Creative Cloud」のフォトエディターで写真を調整することができます。

プロフィール写真は明るめにしたり、少し盛りたくなりますが、大抵の場合はマッチングアプリとは別の写真編集アプリで編集してから使用することが多いのではないでしょうか。

adobeが提供する機能なだけあって多種多様な編集機能が揃っているのが素晴らしい点です。

編集が終わったら右上の「次へ」を選択します。すると今度はプロフィールで表示される丸い型にはめて配置と拡大・縮小を調整します。ここでも「顔の横幅はマス目2〜3つ分にすると男性が好印象を抱きやすいサイズになる」とアドバイスがありました。

表示する顔の大きさもベストなものがあるんですね!顔の表情もわかりつつ、周りの様子もわかりやすいサイズとして確かにちょうど良いかもしれません。

次に基本情報を登録していきましょう!「項目を全て登録するとマッチング率が3倍になる」とのこと。これも納得です。プロフィール情報が少ないと、「やる気がないのかな?」とか「これらの情報を一から聞くのが面倒」と思ってしまうのではないでしょうか。

そうは言っても、基本情報を選択して入れていくのは簡単ですが、自由記述の自己紹介文は迷ってしまいますよね。withでは自己紹介文の参考とアシスト機能が用意されているのであまり考えすぎず作成できます。

まずは参考として、いいねをたくさんもらっている同性の「モテる自己紹介文」を見ることができます。基本的にマッチングアプリでは異性のプロフィールしか見ることができませんが、人気の同性がどんな自己紹介文を設定しているかは勉強になります。

さらに、自己紹介文を3つの質問に答えていく形で簡単に作成が可能です。基本情報として登録した内容を元にいい感じに要素を盛り込んでくれます。
最後に微調整したらあっという間に情報充実のプロフィールの出来上がり!

最後に「好みカード」を設定しましょう!好みカードは趣味や趣向を簡単に表現できる機能で、これも設定が多いほどマッチ数が上がる傾向にあるそうです。共通の会話にもなりやすいのでしっかり設定しておきましょう。

ここまで10分ほどで完了しました!
メッセージの開始には本人確認が必要なので、身分証を提出して審査が通るのを待ちましょう!

【with】心理学×統計学の恋愛婚活マッチングサービス
メンタリストDaiGo監修。運命よりも確実な出会いを!

いいねが全然こない!?登録したては忍耐の時期…?

登録していいねが来るのをを待ってみました!^^



……

………来ない!!!いいねが全然来ないんです!!涙

他のマッチングアプリと登録内容もそう変わりないし、何が違うのだろうと思ったのですが、自ら積極的にいいねするのも大事とのこと。

数人にいいね!して、待って見るとちらほらいいね!をもらえるようになりました。表示ロジックに影響があるのでしょうか。

いいねは毎月30回(プランによって違いあり)でき、またイベントに参加すると毎日10回無料でいいねできるので、ぜひ積極的にいいねをしてみてください。

また、もらったいいねに対してありがとうをした方がさらにいいねがもらいやすくなるという話も他の体験談で見かけましたが真実やいかに。

現時点で会うには至っていないので、今後進捗があったらまた報告したいと思います!

渋谷OLのマッチングアプリ体験談は続く…